ot-BLOG-

ooottt.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 31日

kotaとkiroro

kotaとスプリングセッションしてきました。

天気が良くて最高に気持ちよかったです。

雪質関係なく今期いちばんのスノーボードでした!

kotaとkiroro

e0266105_22283633.jpg

[PR]

by 55-ot | 2016-03-31 19:12 | snow | Comments(0)
2016年 03月 24日

SPRING POWDER





[PR]

by 55-ot | 2016-03-24 00:43 | snow | Comments(0)
2016年 03月 15日

サムさん、

「お前には尊敬できる奴は何人いる?」

「…3。」

「俺は5人だ」

マイケル・ジャクソン「BAD」のワンシーン。

当時、小学生だった私はこのシーンの意味が全く理解できなかった。
でも、大人になった今、ようやくこの意味がわかってきたような気がする。

なぜなら、今の自分には年齢に関係なく尊敬できる仲間や先輩、後輩が周囲にたくさんいるから。 そして、その人達のおかげで今の自分がいて、そのことが誇りであり、自慢でもあるから。



サムさん、あなたもその中の一人です。


私にとってのサムさんは敷居の高いお茶目な下ネタ好きのカッコイイおじさん。

自転車を好きになってすぐ仲間を通じてサムズバイクの存在を知り、サムズバイクのことを調べたときに、この本気の自転車屋には自分のような素人は行っては行けない!と勝手に決め付けてしまい、店の敷居をまたぐまでにはある程度時間がかかりました。

勇気を出してサムズに行ってみると、迎えてくれたのはお茶目なサムさん。 「あれ?この店ってこんなに気さくな店だったの〜?」
そして、敷居が高かったはずのサムさんの口からは下ネタの連発。

かっこいい。 一気にサムさんのファンになりました。

冬になり、仲間とスノボに行くと偶然、サムさんと遭遇。 なんと、スノースクートで結構な急斜面のパウダーを攻めてる姿を見て、また惚れました。 「サムさんって歳いくつだっけ? カッコ良すぎるよ!」


それからちょいちょいサムズに顔を出すようになり、ある日店の奥で私がパーツを物色してると、フロアから聞こえてくるマイケル・ジャクソンの“Human Nature”

でも、私が知ってるHuman Natureとはどこかちょっと違う。 ん? 何このシブいグルーヴ感。 あ! なんと見ると店内のBGMに合わせてサムさんがベースを弾いていた。

かっこいい。

もちろんJAMOOのCDも全て買い、サムさんの人柄も物凄く影響を受けました。

子供が出来てからはなかなかサムズには行けなくなったのでROOM36のブログやSNSでサムズとサムさんのことは毎日チェックしてました。


自分も30代後半に差し掛かり、この先の人生を真剣に考えて悩んだ時期もありましたが、いつも明るくてお茶目なサムさんを見て、吹っ切れた時もあれば、真剣で厳しい眼差しのサムさんを見て、気を引き締められるときもありました。


サムさん、以前移転前のSLOGに突然おじゃましたときにサムズでパーツしか買ったことのないこんな私にくれたセイコーマートの缶コーヒー、本当に美味しかったです。 あのとき、コーヒーを飲みながら2人でギターや楽器のこと話したの覚えてますか? 古屋を再利用して自分のギターコレクションのコーナーを作りながら、歳の離れた私を友達のように接してくれたサムさんが大好きでした。

本当は今年の秋くらいにサムさんに自転車のことで相談したい事があったんです。

それはサムズでサーリーを組んで、サムさんと森の中を走るのが私の夢だったのです。

サムさんは居なくなってしまったけど、サムさんの意志を受け継いだ仲間とこれからも自転車を死ぬまで乗り続けようとおもいます。

サムさん、あなたが私の尊敬できる人である事が私の誇りです。 

私の人生にあなたがいてくれたこと、そしてあなたの人生にほんの少しかかわれたことが私にとっての幸せです。

今まで本当にありがとうございました!

また今度サムズ行きますね!


最後に一緒に撮った羽山くんの結婚式の写真
e0266105_15430430.jpeg



[PR]

by 55-ot | 2016-03-15 14:37 | friends | Comments(0)
2016年 03月 10日

はじめてのBC

今日はkotaのアテンドではじめてのBC。

知識の無い私は色々と教えてもらって勉強になりました。

今日は札幌近郊の小さな山でしたが、運動不足の私の体は開始15分で悲鳴をあげてます。

汗とザックの中でこぼした水筒のお湯で全身びちゃびちゃで最高でした。

雪は固かったけど、深いパウダーだと物凄く体力を消耗したとおもうので、逆に良かったです。

そして、自分の足で登ることにより、リフトの有り難みを実感した一日でした。もう、リフト代が高い!なんて文句は言いません!

kotaありがとう。

また私をBCに連れてって。
e0266105_2214111.jpg
e0266105_22134688.jpg
e0266105_22133338.jpg
e0266105_22132122.jpg
e0266105_2213211.jpg

[PR]

by 55-ot | 2016-03-10 22:14 | snow | Comments(0)